お知らせ

2022年(令和4年)の運勢を易占から深く見通す

2022年(令和4年)がスタートし、2月4日は立春。

運命学上の2022年の開始となります。

「天地人の運勢鑑定」では、易占による2022年の運勢をその人個人に対して、独自に深く占断していきます。

易占は、易者の経験と日頃の生活が大切です。

四柱推命では占えないハッキリ絞れる内容はどれを選択するかに適しています。

「当たるも八卦当たらぬも八卦」と易を半分不信するような表現もありますが、易者として経験を積めば積むほど、的中率の高さ、出た卦の意味の深さに驚かされることばかりです。たとえば、今年の仕事運はどうなるか、転職先をどこを選択することがベストなのか、具体的に絞ることができる内容であればあるほど、的中率が高まります。

2022年の運勢を占う易占鑑定は11000円です。

鑑定を受けたい人は申し込みフォームからお申し込み下さい。

現在、各占術は1万円(税別)のもの以外は承っていません。

易占鑑定は、各占術の中で非常に精度が高い占いで、お薦めです。

易占と四柱推命との違いは、具体的な占う内容がはっきり絞っていける内容であれば、易占で占うべきだと判断します。相手の置かれた事情を正確に把握した上で具体的な問題について易占で鑑定すると、その人にとってハッとさせられる必要な回答が素晴らしい切れ味と角度から示されることが魅力です。易占は「おみくじのようなものだ」と誤解されている方々もいますが、決してそうではありません。

易者は日頃の生活を正して修練修行し、無心無我の境地で易神(太極)に占的について問い、答えを得ます。その心の姿勢を大切にしますので、明治時代の易聖・高島呑象(たかしまどんしょう)のように占的のみに集中し、無念無想の境地で易を立てれば、的中率が高まるのだと考えます。

易の基本は「変化する」ということです。易経は英語で「The Book of Changes」と呼ばれ、米国のオバマ大統領が強調する「チェンジ」と同様、人生の変化に醍醐味と波瀾万丈、冷静な判断力を必要とするチャレンジ精神が示唆されています。自然は周期的に変化し、一日に朝、昼、夕、夜、一年に春夏秋冬があるように、私たちの人生にも希望に燃える朝、意気盛んな昼、意気消沈する夜もあり、時々刻々と変化していきます。

易には64の卦、384爻の局面を示し、人生や会社、団体、国家についても64の局面、細かく見れば384のシチュエーション(場面・状態)があると見ます。人生は山あり、谷あり、吉凶を織りなしながら不運の時も幸運の時も人生の変化の過程として素直に受け入れ、焦らず、おごらず、高ぶらず、謙虚な姿勢で着実に対処していくことが肝要です。易は人生の多様な変化に対し、臨機応変に対処し、成長していく東洋の英知が凝縮している人生指南の占いです。

 

四柱推命/天地人の運勢鑑定
https://uranai-starfortune.com/


〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせはこちら